妊活部門

  • 妊活部門

ご挨拶

当院の使命は、「身近な視点で、あらゆる年代の方の健康をサポートすること」です。しかし単に広く浅くではなく、1次医療レベル以上の精度の高いものを提供するよう努めています。今回、東海大学の高度不妊治療を長年指導してこられた鈴木隆弘准教授をお迎えして、平成30年4月よりリプロダクション部門を開設しました。一般不妊治療のみでなく体外受精までの高度なレベルの治療が可能になりました。不妊治療はとてもストレスの多い通院となることもありますので、ゆったりと治療に専念できるよう特設フロアを設計しました。【コロナ対策で現在はフロアのレイアウトを変更しております。御理解下さい。】 当院を上手く利用されて、目的を達成された後は、入院設備のある私のフロアでサポート致します。

院長 和泉玲子

2018年4月より当院にて妊活(不妊)外来を開始させて頂きました。ご夫婦の人生設計における大切な部分について、ご希望にそったお手伝いができるよう心掛けています。 現在月に2回、妊活教室を実施しております。【コロナ対策で現在は集合教室形式ではなくWEBでの個別対応としております。】一般検査から高度不妊治療(体外受精・顕微授精)にいたるまで、わかりやすく説明させていただきますので気軽に参加ください。これまで治療歴のある方もご自身の経過を再確認する機会にしていただいても構いません。それぞれの状況を十分認識したうえで検査・治療のstep upを提案させて頂きます。最新の体外受精設備・入院施設併設・妊婦健診可能な当院で安心してご通院下さい。

副院長・リプロダクション部門長
東海大学医学部産婦人科 准教授 鈴木隆弘

※ 2019年4月より女性常勤医として生殖医療専門医の和泉春奈医師が加わりました。

初診時にご持参頂きたいもの

  • 問診票来院後にご記入いただいても構いませんが、診療をスムーズに行うため、事前に「初診時 問診票」をダウンロード・御記入のうえご来院頂けると幸いです。

    ダウンロードはこちらから

  • 健康保険証
  • 紹介状(お持ちの方のみ。紹介状をお持ちで無い場合も受診頂けます。)
  • 他院検査結果(お持ちの方のみ。1年以内のもの)
  • 子宮卵管造影検査結果(お持ちの方のみ。2年以内のもの)

予約方法

  • 電話予約コシ産婦人科(045-432-2525)までお電話下さい
  • WEB予約※「不妊外来(初診)の方」と「不妊外来(再診)の方」に分かれていますので、お間違いの無いようご予約下さい。

診療時間

8:30~12:30(最終受付 12:00) ×
15:00~18:30(最終受付 18:00) ×

※原則、日曜・祝日、木曜日は外来休診です。

診療内容

  • プレコンセプションチェック(健診)
  • 一般不妊治療
  • 人工授精
  • 体外受精・顕微授精・胚凍結保存・凍結融解胚移植
  • 超音波子宮卵管造影・子宮鏡
  • 着床改善のための特殊検査(ERA/EMMA/ALICE/CD138)
  • その他の補助療法(漢方療法、アシステッドハッチング、低出力レーザー治療)

治療にかかる費用

・5,000円以上の方はクレジットカードがお使い頂けます
・2021年現在(社会情勢の変化により変更されます)

体外受精 基本料金(採卵周期)

例) 全身麻酔で採卵を行い(採卵数1~10個)媒精処理后受精して初期培養を行ない新鮮胚を移植した場合
基本料金(内訳は、下記の①~⑤となっています)

① 排卵、採卵手技費※1 103,000円(税込113,300円)
② 全身麻酔費※2 35,000円(税込38,500円)
③ 精液処理、卵子調整、受精準備費 55,000円(税込60,500円)
④ 胚培養費(初期胚まで)
  胚管理・培養液・培養環境管理費
  採卵後4日目以降の培養は別途かかります
40,000円(税込44,000円)
⑤ 新鮮胚移植費※3 75,000円(税込82,500円)

合計 308,000円(税込338,800円)

注1)排卵誘発注射・超音波検査・ホルモン検査・黄体管理費は別途かかります。

注2)採卵日当日に①~②をお支払い頂きます。

※1採卵の結果、卵子が無いか変性卵だった場合は40,000円(税込44,000円)となります。
ただし、採卵時に麻酔を行った場合は麻酔費用が別途かかります。

※2局所麻酔の場合は9,000円(税込9,900円)となります。

※3卵巣過剰刺激症候群の危険性等を考慮し、次周期以降での凍結融解胚移植をご提案することがあります。

体外受精 基本料金(凍結融解胚移植周期)

基本料金(内訳は、下記の①~③となっています)

① 胚融解費
  胚融解手技・胚培養管理費
45,000円(税込49,500円)
② 補助孵化療法 アシステッドハッチング(AHA)
  透明帯硬化の改善費
25,000円(税込27,500円)
③ 胚移植費 55,000円(税込60,500円)

合計 125,000円(税込137,500円)

注1)ホルモン剤を使用した場合、薬代は別途かかります。

注2)胚移植当日に①~③をお支払い頂きます。

注3)胚を融解して移植出来ない状態であった場合は、費用は①となります。

その他の体外受精費用・特殊技術費用

税込(円)

● 顕微受精費(内訳は①と②)
① 卵子裸化処理費
(顕微授精前の卵子処理費)
55,000円(税込60,500円)
② 手技費 卵子1個につき
5,000円(税込5,500円)
● 胚盤胞培養費 35,000円(税込38,500円)
● 補助孵化療法 アシステッドハッチング(AHA) 25,000円(税込27,500円)
● 胚凍結費(内訳は①と②)  
① 凍結準備費
  同一採卵周期での1回目凍結準備
  同一採卵周期での2回目凍結準備
  同一採卵周期での3回目凍結準備

45,000円(税込49,500円)
45,000円(税込49,500円)
35,000円(税込38,500円)
② 凍結費 胚1個につき
5,000円(税込5,500円)
● 胚凍結更新費(1年毎)1回採卵の凍結分すべて 30,000円(税込33,000円)
● 精子凍結費
(2回目以降は、初回より1年以内であれば10,000円(税込11,000円))
30,000円(税込33,000円)
● 精子凍結更新費(1年毎) 30,000円(税込33,000円)
● ERA 120,000円(税込132,000円)
● EMMA + ALICE 60,000円(税込66,000円)
● trio(ERA + EMMA + ALICE) 160,000円(税込176,000円)
● 250H VitD 〔検査費〕 3,700円(税込4,070円)
● Cu(銅) 〔検査費〕 2,000円(税込2,200円)
● Zn(亜鉛) 〔検査費〕 3,200円(税込3,520円)

よくある質問

A. 制限は設けていません。ただ、年齢があがるにつれ妊娠率は低くなり、流産率は上がります。また、妊娠はあくまで通過点であり、大切なことはその後に無事に出産して頂きお子さんを授かることです。年齢があがるにつれ妊娠中・出産時の合併症も増えますので、妊娠を希望される場合は早めの治療をお勧めします。

A. 第2子、第3子希望の方も通院されています。ただ、当院の不妊部門は専門フロアで診療を行っており、お子様は基本的にはお入り頂けません。お子様連れで受診される方はまず1階受付にお声かけ下さい。1階受付で呼び出しベルをお渡しし、診察の順番がきましたらお呼びしますので直接、2階の診察室に入って頂いています。【現在コロナへの対応のため1階で診察しています。また御家族の同伴はお断りしています。】

A. お仕事をされながら通院されている方は沢山いらっしゃいますが、治療内容により通院する頻度は異なります。例えば卵胞を育てる注射を行う場合、連日注射が必要なことがありますが、通院が困難な場合は自己注射も可能です。

A. 希望があれば受付でお申し出下さい。ただ、曜日や診療の混み具合により対応ができない場合もありますのでご了承下さい。

A. 当院では毎週土曜(原則) 14時から15時に院内説明会を開催しており、講義形式(無料)と個別相談の2パターンで行っています。【コロナ対応のため現在、集合講義形式は中止しております。個別でのWEB面談で、予約制です。】個別相談では、患者様それぞれの病状や経過に合わせての治療が御提案可能です。個別相談は、月・火・土曜の14時~15時の時間帯の自費(税込み¥1,440)のWEB面談 でご予約可能です。
ご予約は電話のみです(WEBでは予約できません)。
電話:045-432-2525

A. 当院では、フェムビューという経腟超音波下での子宮卵管造影検査を行っています。子宮の入り口からカテーテルを挿入し、バルーンで固定させ、生理食塩水と空気の混合液を注入していきます。この混合液の流れ方を見て、両側の卵管の走行や、卵巣と卵管との位置関係などを調べる検査です。レントゲンを使用しないため、卵管や子宮が被爆する心配はありません。検査は月経終了後から排卵前の時期に行っており、日程については医師とご相談頂き予約となります。

A. 子宮鏡という子宮の中を細いファイバーで観察する検査が可能です。当院では軟性鏡という柔らかいファイバーを使用しています。患者様の月経周期を考慮して診察時に検査の予約を致します。

A. 当院では麻酔下での採卵も行っていますので、ご希望があれば医師とご相談下さい。

A. 体外受精や人工授精等のいわゆる不妊治療だけでなく、漢方やサプリメントなどの「補助治療」を組み合わせることで、患者様の心と体の負担を少しでも軽減させ、妊娠・出産へと導いていく治療を統合医療と言います。当院の統合医療の1つに、低出力レーザー治療があります。低出力レーザー治療は筋肉や関節の痛みを和らげる効果があるため、整形外科の疾患(腰痛・スポーツによる筋肉痛・腱鞘炎など)に対してよく使われていますが、妊娠・出産のための統合医療の1つとしてその効果が注目されています。レーザーといっても、手術などで使われるものは細胞を切ったり焼いたりする働きのある高出力型ですが、不妊治療で使用されるレーザーは低出力型で、細胞を傷つけずに活性化する働きがあります。首にある左右の自律神経節(星状神経節)と臍の周囲に照射します。週1~2回の頻度での治療をお勧めしています。

A. 不妊治療は、一般不妊治療(タイミング指導、人工授精)とART(生殖補助医療:体外受精など)があります。ARTは自費診療となりますので、費用が高額となることがあります(詳しくは治療にかかる費用をご覧ください)。当院は横浜市特定不妊治療費助成事業医療機関ですので、助成を希望の方は書類を提出して頂ければ医師がお書きします。

A. 可能です。今までの妊娠分娩経過をお聞きし、検査を行いますので診察の際にお申し出ください。検査項目により自費の場合があります。

A. 当院は、横浜市風疹対策事業の協力機関です。19歳以上の横浜市民のかたで、妊娠をご希望の方は、風疹抗体検査(採血検査)を無料で、もしくは麻疹風疹混合ワクチンを通常よりお安く受けられます(3,300円)ので、お申し出下さい。

A. 子宮・乳房のどちらも施行をお勧めしています。妊娠した場合、妊娠の影響で乳房検査はしづらくなりますし、産後も授乳などで検査しづらいため、出来る限り妊娠前に一度検査をお勧めしています。当院ではマンモグラフィーだけでなく乳腺エコーも行っていますので、マンモグラフィーで検査しづらいような方(高濃度乳房等)もいらっしゃいますので、併用健診をお勧めしています。

A. 患者様の年齢・筋腫の場所・大きさ・筋腫による症状の有無により治療方針が異なります。それぞれの患者様にとって最適な方法をお示ししますので診察の際にご相談下さい。

A. 患者様の年齢・内膜症のある場所・大きさ・症状(腹痛はあるのか?感染はあるのか?)の有無により治療方針が異なります。それぞれの患者様にとって最適な方法をお示ししますので診察の際にご相談下さい。

A. 予めお渡しする専用容器に精液を採取して頂き、奥様が持参して頂ければ検査が可能です。ただし、検査の前に感染症の採血が必須となります。日時については医師とご相談頂いております。

A. 精液検査は変動が大きいため、まずは再検査をお勧めします。精子の数が少ない、運動率が低い、などあれば適切な施設に御紹介致します。ご紹介先は診察時に医師とご相談頂ければと思いますが、当院では、常勤医 和泉春奈の以前の勤務地である横浜市立大学附属市民総合医療センター 生殖医療センター 男性不妊外来へご紹介させて頂いています。